鏡の中のマリオネット♪ 自分の為に踊りな♬


 男の顔は履歴書 女は請求書

 

  ” 男は40歳になったら自分の顔に責任を持たなくてはならない ”   

                   アメリカ16大統領 エイブラハム・リンカーン

 

 仕事がら鏡を見る機会が多いのですが 

 自分が見えてるモノと他人の目に映るモノは同じなんだろうか?

 と思った事があります

 自分で認識している声とが違うように もしかしたら・・・ なんて 

 同じ顔でいられるって何年ぐらいなんでしょうね 

 遺伝子が働くのは40歳前後までと言われていますので

 これからは 人間性や生き様が今まで以上に顔にあらわれると思います

 穏やかでありたいと願うものの いつも鍛えられる毎日です(笑)

 

 PAOの使用方法をもう一度

 マリオネットラインとは女性ならご存知かと思いますが

 そのまま Marionett(人形)の口元からきています

 ほうれい線との二重ラインはやっかいなものです

 

   marionettoline

 

 

 先日 アメリカの番組でPAOが取り上げられていましたが

 

   ” OH-JAPAAAAAAAAAAAAAAAN!!!! ” 

          (また日本がオカシナ物をツクった)※自己解釈

 

 使用方法の説明もなく観覧者を呼び寄せて

 興奮気味の彼女は歯で咥えたまま首を振るただの面白映像でした

 

 なんかハラたつ (#`-_ゝ-)ピキ

 

  ダメですね 穏やかに 穏やかに(笑)

 

 確かに見た目はシュールだし

 演出的には笑いを誘うのに持ってこいの商品かもしれませんが

 実力は皆さんご存知だと・・・

 ・・・

 ・・・えっ

 イマイチ効果がない??

 

 では MTGよりわかりやすい説明の動画が配信されましたので

 画像よりご確認下さい 

 

 

   LINEcamera_share_2014-10-22-18-28-40  2014-10-22-18-28-11_deco (1) 

 

 もっと早くだせっっ と言いたくなりますが

 まぁまぁ 楽しくやりましょう 

 鏡の中で踊りながら 森山直太朗さんの様に  check 

 

 

  

  マリオネットといえば・・・ (回避推奨)

 冒頭の” タイトル ” に ピンときた方はお付き合い下さい(笑)

 

2014-10-22-16-24-43_deco

 

 

 それは あまりにも有名で色褪せない青春の1ページ

 伝説的なバンド ” BOØWY ” の曲の一部であります

 

 触らなくなって随分経ちますが 

 かつては ” 禁じられた遊び ”から 

 CLOUDY HEART のイントロへとギターを手にしたものです

 

 家に USEN がひかれていたので 

 色んなジャンルの音に触れる機会が多かったのですが

 久保田利伸と氷室京介の歌声に少なからず衝撃を受け

 歌詞にハマった尾崎豊と佐野元春を合わせ 

 アイドル全盛そっちのけで

 テープが擦り切れるほどウォークマンと過ごしていました

 

 年齢と共に様々な音楽を聞き LONDON時代は

 打ち込み系の音楽にもハマり JAZZBARで音を楽しむ事を知り

 音楽ジプシーになりつつも

 自分のフィルターに引っ掛かるものがようやく最近分かってきました

 

 もちろんヒムロックはそのフィルターから落ちるはずもなく

 改めて聴いても 変わらないどころか新たな発見さえあります

 少年から見た歌詞と 今 耳に入る歌詞は同じであっても

 解釈は変わるので 

 より共感する部分もあるのではないでしょうか

 キザなセリフに笑みを浮かべつつ ちょっぴり羨ましさも

 

 「 格好良い!! 」 (〃ノ∀`〃)

 

 

 驚きの引退宣言 

 

 そんな時 ネットを賑わせるニュースが・・・

 熱狂的とは言えないまでも 全部のアルバムは持っており

 終わりが来る事は当然なのかもしれませんが

 ”氷室ライブ休止”は 8年前の hide 以来の衝撃でした 

 

 氷室京介の人となりは 

 ” 大きなビートの木の下で ”

 

 boowy ookinaamazonより

 

 を読んで以降なぜだか触れようとはせず

 当時読んでいた 山田かまち と同級生であったという事

 布袋が襟元も袖口もボタンをちゃんと締めるような

 おぼっちゃん育ちだったと少し意外だった記憶があります

 氷室に関しては 勝手に偶像化したかったのかもしれませんが

 先日 WOWOWで放送された6時間を超す特番にて

 初めて 人間 氷室京介に触れた気がします

 

 

 

 ま、これ、

 いまに始まったことじゃないんだけど年のせいもあって

  耳がけっこうずーっと

 7年くらいまえから右側の耳がずーっと、

 調子がわるかったのね。

 

  その、

 俺は俺なりにプライドってのがあってさ
 それは、「ダウンしても必ず立つ!」

 ださくてもかっこわるくてもいいから、
 「ダウンしても必ず立つ」と、
 で、まー、ずうっとその、ダウンしても立ち上がると
 無様、それ、立ち上がれば無様じゃなくて

 それが生き様になるわけで

 

 

 himuro wowow

 出典wowow

 

 最終日の前日リハーサルで転倒し胸を強打

 当日になり

 舞台裏のSTAFFとのやりとりでは骨折だったことが判明

 寝返りも出来ないほどの痛みで

 僕の大好きな曲でもある ” LOVERS DAY ” はキーが高すぎて

 音が取れないと・・・

 

   ・・・満身創痍

 

 ファンに気付かれない様に歌う姿は

 無様でないとは言い切れないものであり

 さらに 追い打ちを掛けるかのような雨とけたたましい雷鳴

 

 それは リング上で戦うボクサーへの

 タオルにも思え・・・

 

 ライブ中悲鳴をあげていた他の箇所も折れて

 再開したとしても

 みんなの前に出たとしても

 見せられるようなパフォーマンスが出来ない

 申し訳ない・・・

 歌うのを諦めよう・・・

 

 初めて知る偶像化ではない男の姿

 

 

 1時間近くに渡る中断

 雷が去るも豪雨の中ファンの目の前に現れた氷室

 

 そのステージ上には 

 マイクを持ちながら悲痛に状況を詫び

 そして

 もがき苦しみ オーラを放ちながら 最後の熱唱 をする姿

 

 まさに “無様が 生き様になる”という事を体現

 アクシデントも 天候さえも 演出に思える程に

 人間 氷室京介は眩しく輝いていました

 

 himurock

 出典wowow

 

 

 見たくも知りたくもない部分もありましたが

 セクシーながら 危険な香りを漂わせているそのオーラは

 思い出フィルター抜きにしても輝いて見え

 それどころか

 また違った眩さを放っていました

 54歳であれはない(笑)

 

 人間味あふれる彼の姿 自分にとっては新しい発見であり

   ”男の顔は履歴書” 

 それを見事に教えて貰えたように思います 

 

 

 

 秋の夜長に しっとりとした CLOUDY HEART 

 なんだか思い出ボックスを開けてしまいそうです(笑)

 

 

 

 


« »