常識はくつがえされる


 

 「傷んだらカットして ちゃんとケアもしてるのに・・・」

 

 同じ様に悩んでる人もいるのではないでしょうか?

 

 シャンプーも美容室で買ってるし

 トリートメントも勧められて 言われた通りに毎日頑張ってるのに?

 

  

 えっ!?

 

 

 まだ教えていませんでしたっけ

 トリートメントはしない方がいいですよって!?

 

 それは 失礼致しました では簡単に説明しますね

 

                2014-06-30-15-15-24_deco

 

  

 イラストは髪の毛を横に引き出している様子です

 まず 傷みやパサつきが気になる部分をカットします

 

                    2014-06-30-15-20-05_deco

 

 毛先を落として綺麗になりました

 では続いて カラーやパーマをします

 

               2014-06-30-15-30-36_deco         

  

  カラーも綺麗に入り パーマもしっかりかかったみたいです

 

 

  では流してトリートメントしておきますね

 

                  2014-06-30-15-44-18_deco

 

 

  はい ストップ

 

  ちょっと拡大してみます

     

         2014-06-30-16-18-48_deco

 

  

  カラーやパーマをすると  ”残留アルカリ”  というものが出来ます

  必要以上にアルカリがあると キューティクルが開いたままになり

  髪の元であるたんぱく質を破壊し カラーの退色やパーマの持ちにも影響してしまいます

 

  そして その上から悪質トリートメントをペタペタヌリヌリするという事は

  それを閉じ込めてしまうのであります

 

  うーん 怖ろしい・・・

 

  そして 当たり前の様に根元よりも毛先の方が髪の基礎力も低いので

  ダメージが進み

 

  はいっ

          2014-06-30-16-20-43_deco

  

  髪の内部にどれだけダメージがあろうとも 表面にコーティングをすれば

  指通りも良く ツヤツヤサラサラです

  

  フローリングの床や車にポリマーコーティングすれば

  なんだってピカピカになりますからね

 

  また 近いうちにその辺の事を載せたいと思いますが今日はこのへんで

  

  

   

 


« »